徒然なる日々の日記

マラソン

こんにちは!ざきおかです!

もう2月も終わりかけていますね。逃げるように終わっていく・・・

 

さて、タイトルにもあるように、2月19日に高知まで行って人生初のフルマラソンに挑戦してきました!!!!!

その名も、高知龍マラソン!

もともとは、ゼミの先輩に走らない?と誘われたのが事の始まりでした。

誘われたのが、去年の10月。まあ4か月あるし、何とかなるだろう、と軽く考えてました(笑)

そこから、コツコツと練習をしていきました。初めは5km走るのがツラかったのですが、最後には15kmまで普通に走れるようになりました。(本当はハーフマラソンを経験しときたかったけど、時間の都合上無理でした・・・)

 

そして、マラソン当日。

スタートラインを超えるまでの距離が長く、12分もかかってしまいました。まあ1万人もランナーがいると仕方ないのかもしれません。

初めの5kmは順調でした。(第一関門はちょっと危うかったかも(笑))

浦戸大橋のところまでは一定のペースで走ることが出来たのではないかなと思います。

浦戸大橋は、歩きました。あれを走るなんて、無理!!しっかり景色を楽しみました。

中間地点を無事に超え、順調だなあ~と思っていたのですが、30km地点から足に違和感を覚え始めました。それでも、少しずつは走っていたのですが、35km地点では、完全に足が止まり、走れなくなりました。関門の締め切り時間は余裕があったので、ゆっくり歩いてゴールを目指しました。

そして、ゴール前の急な上り坂を超え、無事完走しました!!!!

タイムは6時間21分!愛媛マラソンならタイムアウト(笑)制限時間7時間に助けられました。

ゴールの瞬間は、達成感でいっぱいでした。無事完走できたことによってツラかった練習の思い出なども、全部美化され、いまではよい思い出です。

各給水所では、ごっくん馬路村があったり、トマトやミレービスケットなどがあり、どれも美味しくいただきました。また、給水所とは別に、近所の人たちが善意でパンなどを配っていました。とてもありがたかったです。

マラソンは、人のやさしさを実感できる競技だと思います。見ず知らずのランナーに声援を送ったり、個人でチョコやかっぱ巻きを配ったりと、ランナーが走りやすいようにいろいろ尽くしてくれました。それが個人的にはすごく嬉しかったです。よし、もうひと頑張りだ!と走るパワーにつながりました。

今は全身筋肉痛で、何もしたくありませんが、来年も出たいなあと少し思いました。

将来は、ホノルルマラソンかな(笑)

ではでは。

広告を非表示にする